映画・DVD・本

映画「ビッグ・アイズ」を見ました

投稿日:2017年8月16日 更新日:

ビッグ・アイズ

ビッグ・アイズ(字幕版)

ジャケットが気になったので、今回はビッグ・アイズを見ました。
印象的な絵ですが、実際にあった話がベースとなっている映画です。
監督がティム・バートンですが、仮装やCGはありません(笑)。

以下ネタバレあり

ゴーストライターならぬ、ゴーストペインター?映画です。
娘を連れて夫から逃げてきた地で、画家のウォルター・キーンと出会い結婚をしたマーガレット。
ウォルターの本業は不動産屋なのですが、画家をあきらめられずあちこち売り込みに行く過程で、マーガレットの絵が評価され、思わず「私が描きました」と言ってしまったことから、マーガレットはゴーストペインターとなって苦しみます。

ウォルターがいい感じにイラッとさせられます。
どこかでこんな感じのイラッとする人いたなぁと思ったら、ウォルター役のクリストフ・ヴァルツは、タランティーノの作品、イングロリアス・バスターズの嫌なヤツ、ハンス・ランダ大佐役をしていた方でした。
嫌なヤツやらせたら天才的ですね(笑)。

実話がベースなので、ドラマチックな展開はないし、最後の展開も何となく想像がつきますが面白かったです。
謎解きも伏線もないので、淡々と進む物語に身を任せてしまえばあっという間に終わります。
最近の映画って「あれ、これなんだっけ?」とか「あー、あのときのあれかー!」みたいに、しっかりと見ていないとわからないことも多いので、たまにはこんな映画も良いですね。

ビッグ・アイズ(字幕版)
ビッグ・アイズ(ウィキペディア)

-映画・DVD・本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

映画「クリード/チャンプを継ぐ男」を見ました

クリード/チャンプを継ぐ男 数ヶ月前、CATVでロッキーシリーズを本作以外やっていて、ちょうど全部見た後だったので良いタイミングでした。 世代的にロッキード真ん中なので、このシリーズ好きです。 以下ネ …

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」を見ました

ヒトラー 〜最期の12日間〜 ヒトラーというと、ナチス、独裁者、ホロコースト、鉤十字といったキーワードが出てくるが、具体的にどんな人物だったのか、当時秘書をしていた女性が書いた回想録がベースとなった映 …

映画「グッバイ、レーニン!」を見ました

グッバイ、レーニン! 東西ドイツ統一前後の東ドイツのベルリンを舞台としたドイツ映画です。 映像もきれいで音楽も良かったです。 以下ネタバレあり 舞台は社会主義まっただ中の東ドイツ。 東西ドイツ統一って …

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見ました

ダンサー・イン・ザ・ダーク 最高に後味の悪い映画と評されているダンサー・イン・ザ・ダークを初めて見ました。 なるほど、確かに後味は悪いかもしれない。 でも、二度と見たくないと思うほどの後味の悪さは感じ …

映画「シティ・オブ・メン」を見ました

シティ・オブ・メン シティ・オブ・ゴッドの続編かと思いきや、舞台も登場人物も違う、別のストーリーでした。 リオのファベーラという点は共通ですが。 以下ネタバレあり シティ・オブ・ゴッドよりも、もっと人 …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ