映画・DVD・本

映画「フューリー」を見ました

投稿日:

フューリー

フューリー(字幕版)

ブラッド・ピット主演の戦争映画。
第2次世界大戦終盤のドイツが舞台になっています。

以下ネタバレあり

ハリウッド映画で、ブラッド・ピット主演映画となれば、「イヤッホー!アメリカ最強だぜ−!」とか「戦争は悲しみしか生み出さない。それを防ぐためにアメリカは世界の平和維持を願う」的なアメリカ万歳映画だろうと思って見始めたら、ちょっと展開が違っていました。

当然、アメリカ視点なので、敵国(この映画ではドイツ)はFu○kなんですけど、もうちょっとリアルな人間が描かれているように感じました。

予想した展開は、ブラッド・ピット率いる戦車が破竹の勢いでドイツ軍を蹴散らし、ベルリン陥落に大きな影響を与えた!アメリカすげーだろ?みたいな感じだったんですが、ブラッド・ピットの戦車「FURY」は絶対絶命のピンチに追い込まれ、乗組員は次々と殺されつつも相手にも相当なダメージを与えるが、主役のブラッド・ピットも部下のノーマンを自らの命と引き替えに守ってあげます。
まぁ途中結構ミラクルな感じではありますが・・・。
助けられたノーマンはその後、ドイツ軍のSSに見つかるのですが、見つけたSSは見なかったこととしてスルーしてあげるなど、指揮者ではない末端の兵士たちの揺れる心が見え隠れしたり、人間模様が描かれた良作だと思いました。

最後に生き残ったノーマンを助けに来たアメリカ軍の兵士に、「お前はヒーローだ」と言われるシーンはアメリカ映画だなーと思いましたけど。

フューリー(字幕版)
フューリー(ウィキペディア)

-映画・DVD・本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

映画「トップガン」を見ました

トップガン 昨日見たミッドナイト・ランに触発されて80年代ムービーの超名作トップガンを見ました。 オープニングが最高だよね。 ケニー・ロギンスのデンジャー・ゾーンのイントロが始まっただけで鳥肌です。 …

映画「アメリカン・サイコ」をみました

アメリカン・サイコ ダークナイトでバットマンを演じたときとは180度違う雰囲気のクリスチャン・ベールが、良い感じの狂気を帯びている感じがよいですね。 以下ネタバレあり 見終わった直後の感想は「えっ!」 …

映画「ケープタウン」を見ました

ケープタウン 南アフリカのケープタウンが舞台となったクライムアクション。 オーランド・ブルームと個人的に名脇役だと思っているフォレスト・ウィテカーが主演です。 以下ネタバレあり 映画冒頭、物語に引き込 …

映画「レオン」を見ました

レオン 有名な作品なので、多くの方が見ているでしょう。 私も今回が3回目。 好きな映画のひとつですが、ちょっと今回は違った目線で見てみました。 以下ネタバレあり レオンとマチルダの師弟でもあり、親子で …

映画「グッバイ、レーニン!」を見ました

グッバイ、レーニン! 東西ドイツ統一前後の東ドイツのベルリンを舞台としたドイツ映画です。 映像もきれいで音楽も良かったです。 以下ネタバレあり 舞台は社会主義まっただ中の東ドイツ。 東西ドイツ統一って …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ