映画・DVD・本

映画「グッバイ、レーニン!」を見ました

投稿日:2017年8月12日 更新日:

グッバイ、レーニン!

グッバイ、レーニン! (字幕版)

東西ドイツ統一前後の東ドイツのベルリンを舞台としたドイツ映画です。
映像もきれいで音楽も良かったです。

以下ネタバレあり

舞台は社会主義まっただ中の東ドイツ。
東西ドイツ統一って90年のことなので、もう27年前なんだよね。
ドイツ制作の映画なので、そのあたりの生活様式とか雰囲気も、きっと正確に表現されているのだろう。

ざっくりとしたストーリーは、主人公アレックスの母親が心臓発作で倒れてしまい意識不明で入院してしまいます。
目が覚めた時にはドイツが統一されていたのだが、社会主義思想にどっぷりハマった母親にそれを伝えると、また心臓発作を起こしてしまう可能性があるので、悟られないようにアレックスがあの手この手を使うという話し。

仕事場でパートナーとなった友人が映像制作が得意で、ニュース番組を偽装した映像を作ったり、東ドイツ時代の瓶詰めを再現するために、ゴミから拾った瓶を煮沸して再利用したり、手間をかけて母親をだまし続けます。

最後は1年遅れで東西ドイツ統一のニュースを流して、母親に知ってもらうんだけど、実はその直前に統一のことを聞いていた母親。
一生懸命自分のために色々やってくれた息子には、その事実を伝えず優しく見守るシーンが一番感動しました。
心温まる良い映画でした。

グッバイ、レーニン! (字幕版)


グッバイ、レーニン!(ウィキペディア)

-映画・DVD・本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」をみました

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ここ3カ月ほど、通勤時間を使ってAmazonプライムビデオの無料映画を1日1本のペースで見ています。 昨日見た映画はデビッド・フィンチャー監督の「ベンジャミン・バトン …

映画「ロリータ」をみました

ロリータ 名作と言われている、キューブリック監督のロリータを見ました。 前編モノクロ映画なのと2時間半くらいある長編映画なので、何となく敬遠していましたが、思い切って見たんですが…。 正直ガッカリしま …

映画「遊星からの物体X」を見ました

遊星からの物体X 隠れた名作と言われている、遊星からの物体Xを見ました。 作品自体の評価は高いので「隠れた」は当てはまらないかもしれないですが、公開時E.T.とかぶってしまったため、当時はあまり話題に …

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

ドイツ映画 ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアが見たくなった

バラエティーニュースサイト「らばQ」で紹介されていた「おばあちゃんがホスピスに入る前に『海を見たい』と言ったので連れて行った…この顔がすべてを物語ってると思う」を見て、ドイツ映画ノッキン・オン・ヘブン …

映画「ラ・ラ・ランド」を見ました

ラ・ラ・ランド 2016年のアカデミー賞受賞で話題になったラ・ラ・ランド見ました。 ミュージカル調の映画はとても苦手、いや苦手というより大嫌いなので、名作と言われるウェストサイドストーリー、サタデーナ …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ