映画・DVD・本

映画「百円の恋」を見ました

投稿日:

百円の恋

百円の恋

7カ月ぶりに通勤時にプライムビデオを見ました。
今回は傑作と評判の高い邦画、百円の恋です。
主演は奥田瑛二と安藤和津の娘、安藤サクラです。
時折、母親和津さんの面影が感じられました。

プライムビデオのウォッチリストに入れていたんですが、プライム会員でも別途費用を払わなければ見られなかったので、二の足を踏んでいました。
久しぶりにプライムビデオアプリを立ち上げたら無料で見られる様になっていたので、すぐにダウンロードして通勤時に見ることにしました!

以下ネタバレあり

感想からいうと、良い映画でした。
登場人物のほぼすべてが、正直救いようがない人たちなんですけど、そのあたりがリアルな感覚で見られました。

主人公の一子は弁当屋の娘。
32歳処女でひきこもり。
出戻りの妹とケンカをして家を出て、一人で生活を始める…が物語のイントロです。
生活するためにバイトを始める100円コンビニでの人間模様も、見事にダメダメな人ばかり(笑)。

映画っぽい展開だと、ここで正義の味方が登場!とか、ここはどんでん返しでしょ!って思うポイントがいくつかありますが、至極まっとうな「まぁそうだよね」な展開が心地良いです。

ネタバレありって書いているので書いちゃいますが、最後のボクシングシーン、一子の左フックは光る物があると練習シーンから伏線があり、2度のダウンをもらった後の最終ラウンドで、その左フックがボディと顔面にヒット!
それで相手がダウンして感動のエンディング!
・・・とはならず、カウンターもらってぶっ倒れておしまいです(笑)。

ボクシング始めて1年経たない、ほぼ素人の32歳が勝てるほどボクシングは甘くないよね。
プロテスト受験資格のリミットが32歳で、テスト1回目で合格してしまうあたりはリアルではなかったですが・・・。

ボクシングを始めた理由が、殴ってみたいってことと、試合後に肩をポンポンし合いたいということ。
いままでボクシングを知らなくて、殴り合いをした後なのに抱き合って肩をポンポンし合うことが不思議で、そこに心ひかれてしまう感じが、32歳引きこもりっぽさが出てました。

リアルな感じが伝わるところが、この映画の良さなんではないだろうか。

またしばらくプライムビデオにハマろうかな。

 

百円の恋


百円の恋(ウィキペディア)

-映画・DVD・本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

映画「クリスティーン」を見ました

クリスティーン 二十歳頃、スティーブン・キングの小説にはまった時に原作を読んだ本作。 スタンド・バイ・ミーやショーシャンクの空になど、一般的にも名作と知られる作品がある一方、キャリーやシャイニング、ミ …

ゆっくといっしょ ぼくひゃっか

娘が好きで読んでいる絵本で「すっくといっしょ わたしひゃっか」と言うのがあります。 絵がかわいらしくて、とてもお気に入りらしく何度も一緒に読まされました。 それの男の子バージョン「ゆっくといっしょ ぼ …

映画「グレムリン」を見ました

グレムリン 30年ぶりにグレムリンを見た。 ストーリー全く憶えていなかった(笑)。 クリスマスの物語なので、ちょっと時期が早かったみたい。 そんなことすら記憶にないです。 以下ネタバレあり この生物の …

映画「リーサル・ウェポン」を見ました

リーサル・ウェポン 懐かしい映画リーサル・ウェポンを見ました。 一番好きな映画を挙げろと言われたら、迷わずマッドマックス(第1作)と言い切る私ですが、特別メル・ギブソンが好きという訳ではありません。 …

Mad Max: Fury Road

Mad Max: Fury Road来年公開

昨日ツイートしましたが、いよいよ来年Mad Max: Fury Roadが公開されます! マッドマックスファンとしては見逃せない映画です。 予告編を見ると、マッドマックス2をかなり意識した作りのようで …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ