映画・DVD・本

映画「スペル」を見ました

投稿日:

スペル

スペル コレクターズ・エディション [DVD]

サム・ライミ監督のスペルを見ました。
う〜ん、途中でオチがわかってしまうのはお約束なのか?
ホラー風味のグロコメディ映画かな(笑)。

以下ネタバレあり

サム・ライミ監督といえば、カルト映画の代表と言える「死霊のはらわた」の監督です。
なのでグロい表現はお手のもの。
本作も随所に怖さではないグロさがちりばめられています。

スティーブン・キングの小説「痩せゆく男」を私は思い出しました。
小説はジプシーの老婆が呪いをかけ、かけられた男がどんどん痩せていくストーリー。
その呪いを解くために四苦八苦し、のろいを封じ込めたパイを誰かに食べさせれば、その呪いが食べた人間に移ると。
だけど予定通りにはいかず…、といった感じ。

今回のラストも同じような設定でしたね。
呪いを別の人に送れば良いと。
それを実行し、成功したかに見えたけど…。

アメリカでは悪魔や呪いの解決方法として定番なんでしょうか。
何かに呪いを封じ込めて、それを誰かに渡すというような手法。

ファイナル・デッドコースターシリーズの要素も感じました。
色々あがいても、結局運命は変わらないんだと。

そう考えると、ホラーであり、コメディであり、哲学でもあるな(笑)。
良い行いも悪い行いもすべては運命だから受け入れて受け流す。
これだな。

でも、何で原題はDrag me to Hellなのに、邦題はスペルなんだろう?

スペル (字幕版)(プライムビデオ)


スペル (映画)(ウィキペディア)

-映画・DVD・本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

映画「グレムリン」を見ました

グレムリン 30年ぶりにグレムリンを見た。 ストーリー全く憶えていなかった(笑)。 クリスマスの物語なので、ちょっと時期が早かったみたい。 そんなことすら記憶にないです。 以下ネタバレあり この生物の …

映画「ラ・ラ・ランド」を見ました

ラ・ラ・ランド 2016年のアカデミー賞受賞で話題になったラ・ラ・ランド見ました。 ミュージカル調の映画はとても苦手、いや苦手というより大嫌いなので、名作と言われるウェストサイドストーリー、サタデーナ …

映画「マルコビッチの穴」を見ました

マルコビッチの穴 断片的にしか見ていなかったマルコビッチの穴を見ました。 人形を操るのって、ここまで出来るんだっていうのが、冒頭で思ったこと。 斬新な設定で物語に引き込まれる良作ですね。 以下ネタバレ …

赤毛のアン

流行りに乗って「赤毛のアン」購入しました

NHK朝の連続テレビ小説で放送中の「花子とアン」を娘が毎日見ていて、主人公の村岡花子が翻訳する物語、赤毛のアンに興味を持ち、本が欲しいとアピールしてきました。 職場近くの本屋さんに行った所、1店舗目は …

映画「バトルフロント」を見ました

バトルフロント シルベスター・スタローン脚本、ジェイソン・ステイサム主演のアクション映画です。 非常に楽しめるアクション映画でした。 以下ネタバレあり 映画冒頭、バイカーが出てくるので、そっち系の映画 …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ