映画・DVD・本

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見ました

投稿日:2016年9月24日 更新日:

ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク(字幕版)

最高に後味の悪い映画と評されているダンサー・イン・ザ・ダークを初めて見ました。
なるほど、確かに後味は悪いかもしれない。
でも、二度と見たくないと思うほどの後味の悪さは感じなかった。

以下ネタバレあり

セルマ(ビョーク)はとても真面目で前向きな女性。
だけど、ちょっとした不運が重なってしまっただけなんだと思う。
息子が将来失明することを極度に恐れ、遺伝することを知りつつも生んでしまったことに負い目を感じていたことが、死刑になってしまう最大の理由。
ゲスいビルがお金を盗んだことや、人種差別的な裁判などは副次的な要因。

裁判で貯金は息子目の手術のためと証言していれば、死刑は免れたかもしれないのに、失明するかもしれないことを息子が知ってしまうことを避けるために、実家の父親への送金というウソを突き通してしまった。
そして、結局死刑となってしまう。
再審をして減刑することもできたが、そうすることにより息子が目の手術ができないことを恐れ、自らの命を引き替えにしてしまった。

彼女の人となりを知り、ビルが彼女を転落させたんだと思って映画を見ると、非常に後味は悪い。
死に対する恐怖を彼女も感じていたが、命をかけてでも守った息子の手術が無事成功した報告を受けた後は、非常にハッピーな気分となり、その感情のピークで刑が執行されたと考えると、彼女は幸せだったんじゃないだろうか。

二度と見たくないとは思わないが、しばらくはいいかな(苦笑)。

ダンサー・イン・ザ・ダーク (字幕版)(プライムビデオ)


ダンサー・イン・ザ・ダーク(ウィキペディア)

-映画・DVD・本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

映画「アメリカン・サイコ」をみました

アメリカン・サイコ ダークナイトでバットマンを演じたときとは180度違う雰囲気のクリスチャン・ベールが、良い感じの狂気を帯びている感じがよいですね。 以下ネタバレあり 見終わった直後の感想は「えっ!」 …

赤毛のアン

流行りに乗って「赤毛のアン」購入しました

NHK朝の連続テレビ小説で放送中の「花子とアン」を娘が毎日見ていて、主人公の村岡花子が翻訳する物語、赤毛のアンに興味を持ち、本が欲しいとアピールしてきました。 職場近くの本屋さんに行った所、1店舗目は …

映画「ケープタウン」を見ました

ケープタウン 南アフリカのケープタウンが舞台となったクライムアクション。 オーランド・ブルームと個人的に名脇役だと思っているフォレスト・ウィテカーが主演です。 以下ネタバレあり 映画冒頭、物語に引き込 …

映画「キリング・ゾーイ」を見ました

キリング・ゾーイ 20年くらい前に、レンタルビデオ屋で借りてきたこの映画。 その後、DVD化もBlu-ray化もされていなかった本作ですが、2〜3年前にようやくDVDとBlu-rayが発売されたみたい …

映画「チェ 39歳別れの手紙」を見ました

チェ 39歳別れの手紙 「チェ 28歳の革命」の続編「チェ 39歳別れの手紙」を見ました。 前作とは趣の違う内容でした。 以下ネタバレあり 前作はキューバ革命をゴールとした成功の物語だが、本作は死をゴ …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ