映画・DVD・本

ドイツ映画 ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアが見たくなった

投稿日:

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア [Blu-ray]

バラエティーニュースサイト「らばQ」で紹介されていた「おばあちゃんがホスピスに入る前に『海を見たい』と言ったので連れて行った…この顔がすべてを物語ってると思う」を見て、ドイツ映画ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアが見たくなりました。

■ストーリー
余命わずかと宣告され、たまたま末期病棟の同室に入院させられたマーチンとルディ。二人は死ぬ前に海を見るために病棟を抜け出し、ベンツを盗んで人生最大の、おそらく最後の冒険へと出発した。その車がギャングのもので、中に大金が積まれていたことも知らずに……。道中、残り少ない命の彼らに怖いものなどなく、犯罪を繰り返し、ギャングのみならず、警察からも追われる身になるのだが……。

Amazonより

1997年公開のこの映画、レンタルのVHSで見た記憶があります。
一発ではまってしまい、何度も何度も借りて、結局DVDも購入しました。
これもブルーレイ出ているんですね。
また欲しいブルーレイが増えてしまった。

この映画を見て、私が思ったことは「登場人物みんないい人」です。
ギャングが出てくるのですが、みんないい人です。(注:私の主観です)
テンポよく展開していくので、飽きることなく一気に見ることができます。

エンディングでは、ボブ・ディランの名曲Knockin’ on Heaven’s Doorをドイツ人アーティストがカバーした曲が流れるのですが、これも最高。
YoutubeでPVがありました。

ドイツのアーティスト「Selig」という方達のようです。
2013年にアルバムをリリースしているようなので、現役で活動中ですね。
【リンク】Selig(Wikipedia)

近いうちにもう1度見ようっと。

-映画・DVD・本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

映画「チェ 39歳別れの手紙」を見ました

チェ 39歳別れの手紙 「チェ 28歳の革命」の続編「チェ 39歳別れの手紙」を見ました。 前作とは趣の違う内容でした。 以下ネタバレあり 前作はキューバ革命をゴールとした成功の物語だが、本作は死をゴ …

映画「コロンビアーナ」を見ました

コロンビアーナ リュック・ベンソン監督で2011年に公開された作品です。 リュック・ベンソンらしい雰囲気とストーリーでした。 以下ネタバレあり さすがと言うべきか、冒頭からいきなり映画の世界に引き込ま …

映画「ラ・ラ・ランド」を見ました

ラ・ラ・ランド 2016年のアカデミー賞受賞で話題になったラ・ラ・ランド見ました。 ミュージカル調の映画はとても苦手、いや苦手というより大嫌いなので、名作と言われるウェストサイドストーリー、サタデーナ …

映画「ツーリスト」を見ました

ツーリスト アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップのツーリストを見ました。 さんざんな評価が多いですが、私はそれなりに楽しめました。 以下ネタバレあり リメイク映画って、意外と評判が悪いので、本作 …

映画「百円の恋」を見ました

百円の恋 7カ月ぶりに通勤時にプライムビデオを見ました。 今回は傑作と評判の高い邦画、百円の恋です。 主演は奥田瑛二と安藤和津の娘、安藤サクラです。 時折、母親和津さんの面影が感じられました。 プライ …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ