映画・DVD・本

映画「ポルターガイスト」をみました

投稿日:2016年9月13日 更新日:

ポルターガイスト

ポルターガイスト

ホラーの名作ポルターガイストを見ました。
30年ぶりくらいに見たのですが、結構記憶通りのシーンが続いたので、当時かなりのインパクトがあったんだと思います。
今見るとSFXがさすがにしょぼいと感じる点はありますが、迫力があり見応えありました。

以下ネタバレあり

怪奇現象が起きる前振りとして、末の女の子がテレビと会話します。
この感じって、ブラウン管テレビ+放送終了後の砂嵐画面があるから成立するので、これらを知らない世代はピンとこないかもしれないですね。
でも、この感じが怖さを倍増させているんだと思いませんか?
日本映画「リング」の貞子も、ブラウン管テレビから出てくるから怖いのであって、うすーい液晶テレビから出てきても…と思います。

不可思議な現象が発生して、警察に通報しない点が良いポイントだと思います。
警察が介入すると現実的な問題として進行せざるを得ないですが、警察ではなく超常現象の研究者に相談をしています。
日本で言うとと霊能者なのかな?

その人たちではどうにもならず、除霊専門の人を呼ぶのですが、出てきた瞬間に「この人だー!」と思わずにやけてしまいました。
img_6889もののけ姫主題歌を歌っている、米良美一さんのように背が低くて声が甲高いのが特徴です。
いい仕事をしてくれました。

キャロル・アンが無事戻ってきてハッピーエンドかと思いきや、最後のクライマックスがあります。
途中で父親スティーブと上司の会話が複線になっていて、まぁひねりもなくそのままの展開なんですが、「どんな場所で開発してんだよー」と思ってしまいますね。

一番最後、モーテルに家族が泊まるシーン、いったん閉まったドアが開いて「ん?」と思うとテレビだけ出てくるのが、アメリカっぽいなって個人的には思いました。

この映画、スピルバーグが本来監督だったんですね。

ポルターガイスト (字幕版)(プライムビデオ)

 

-映画・DVD・本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船

「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」を購入しました

前にアマゾンでティンカー・ベルと輝く羽の秘密を購入したため、新作ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船をレコメンドするメールがきたので、まんまと購入してしまいました。 昨日が発売日だったようで、昨日届 …

映画「ケープタウン」を見ました

ケープタウン 南アフリカのケープタウンが舞台となったクライムアクション。 オーランド・ブルームと個人的に名脇役だと思っているフォレスト・ウィテカーが主演です。 以下ネタバレあり 映画冒頭、物語に引き込 …

映画「フューリー」を見ました

フューリー ブラッド・ピット主演の戦争映画。 第2次世界大戦終盤のドイツが舞台になっています。 以下ネタバレあり ハリウッド映画で、ブラッド・ピット主演映画となれば、「イヤッホー!アメリカ最強だぜ−! …

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」を見ました

ヒトラー 〜最期の12日間〜 ヒトラーというと、ナチス、独裁者、ホロコースト、鉤十字といったキーワードが出てくるが、具体的にどんな人物だったのか、当時秘書をしていた女性が書いた回想録がベースとなった映 …

映画「グッバイ、レーニン!」を見ました

グッバイ、レーニン! 東西ドイツ統一前後の東ドイツのベルリンを舞台としたドイツ映画です。 映像もきれいで音楽も良かったです。 以下ネタバレあり 舞台は社会主義まっただ中の東ドイツ。 東西ドイツ統一って …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ