キャンプ キャンプレポート

宝台樹キャンプ場

投稿日:2010年5月4日 更新日:

<1日目>

今年初でもあり、半年ぶりのキャンプに行ってきました。
GWにキャンプへ行こうと思い立ったのが4月の初め頃だったので、候補のキャンプ場はどれも予約がいっぱいでした。
まぁ当たり前ですよね。
2泊3日の予定とはいえ、片道4時間以内で色々と検索した結果、群馬県の水上にある宝台樹キャンプ場のサイトを見ていると、GWはまだ空きがあるとのこと。
早速電話してオートキャンプの電源サイトを予約しました。

いやーよかった。
日程は5月1日~3日の3日間。
関越道で行かなければいけないので、渋滞は必至。
ならば早く出発してしまえと、4月30日は早めに仕事から帰ってきて、ひとまず2時間ほど仮眠をとり、3時には出発をしました。

自宅から関越に行くには、こちらも渋滞必至の環8を経由しなければいけないのですが、深夜のためまったく渋滞がなく順調に関越道に到着。
関越道もクルマは多いものの、全く渋滞をせず予定より早い5時半過ぎには水上ICに着いてしまいました。

キャンプ場に向かう途中にある、「道の駅みなかみ」でしばし休憩。
道の駅から見ることが出来る渓流(多分利根川)沿いには、まだ桜を見ることができました。
6時前なので、ちょっと暗いですね。
利根川

ここからキャンプ場までは、約30分の道のり。
電話で確認をしたら8時には開いてますと言っていたので、7時半前に出るかぁと考えていたのだが、今から約2時間をここで過ごすには間が持たない。
同じ待つなら、現地まで行って待とうと決め、キャンプ場に向かって出発しました。

元々交通量の少ない峠道でもあり、早朝でもあるため、すれ違うクルマもほとんどありません。
途中、藤原湖沿いの道では廃墟となったお店があり、ちょっと不気味な雰囲気。
その直後にあった、ただのトンネルですらちょっと不気味に感じました(笑)。
もうすぐキャンプ場に着くなぁというころ、辺りは残雪が多くあり、とても5月とは思えない雰囲気に。
そんな中、道路沿いに大きな物体が! なんと!野生のカモシカでした。
急な出来事だったため、写真を撮ることが出来なかったのが非常に悔やまれます。
クルマが近づくと、クルマの前を横切って、谷に降りていきました。 カモシカとの遭遇からすぐにキャンプ場に到着。
6時半頃だったので、やっぱり受付は無人だったので、先に場内を視察することにしました。 IMGP5448.jpg

フリーサイトに1組。
オートサイトに1~2組程度しか先客はいません。

予約したオートサイトはきっちりと区画がされているので、あまり好みのタイプではなかったです。
その後もう一度受付に戻ると、オープンしていたのでチェックイン。
その際、オートキャンプの予約をキャンセルしてフリーに変更をしました。 (キャンセル料はかかりません)

フリーサイトは、まだ雪の残る箇所も多く、テントが設営出来る場所が限定されてしまうような感じでした。
CIMG7648.jpg

まずはこうやって、落ちている松の枝を片付けます。 駐車場から荷物を運びますが、他のキャンパーがいなければ直線で荷物を運べるので意外と楽チンです。
空いていれば一時的にクルマを横付けも出来ますが、管理のクルマが通る道なので、ふさいでしまうような駐車は厳禁です。

CIMG7650.jpg
右側が唐松、左側が白樺です。
今回は白樺側のサイトには残雪が多かったです。 こんな感じでした。 IMG_0352.jpg

今回の我が家はこんな感じです。
IMGP5454.jpg

早朝から設営を開始したので、完了した時点でまだ9時前でした。
その頃から、少しずつ人が増え始め、夕方までには4~5組ほど増えていました。
それでも、フリーサイトはまだまだ余裕ありといった感じ。 雪が残っていたけど天気はとても良く、どんどん雪は溶けていっていました。
IMGP5467.jpg

お昼を食べた後、場内を少し散策。
色々な施設があるみたいですが、GW直前のオープンだったことと、例年よりも雪が残っていたせいか、キャンプ場以外はまだ準備前っぽかったです。
こんなかわいい除雪車がありました。
IMGP5506.jpg

テントに戻ってきて、ちょっと休憩。
昨日の夜はほとんど寝ていなかったので、ここで1~2時間寝ました。
16時頃起きて、晩ご飯の準備。
今日はキャンプの定番BBQです。
と言っても、肉中心の焼き肉でしたが・・・。

夕方頃からママが風邪+睡眠不足+ビールでダウンしてしまったので、子供と二人で焼き肉。
最近、お肉が大好き(牛肉に限る)な娘は、いつもに増して勢いよく食べるので、焼くのが間に合わない!
なので、トルティーヤを焼いてお肉を巻いて食べさせました。
その後、二人で焚き火を囲みながらお話をしてから、ちょっと早めの就寝となりました。

<2日目>

朝7時よりも前に目が覚めました。 昨日に引き続き良い天気。
CIMG7680.jpg
昨日1日で大分雪も溶けました。

今日は午前中にスーパーに買い出しに行きました。
昨日の朝に休憩をした道の駅みなかみの隣にあるスーパーへ。
ここまでクルマで30分かかりますが、ここまでこないと買い出し出来るお店はありません。
「意外と」と言うと失礼かもしれませんが、品揃えも多くキャンプの料理をするための準備としては十分です。

テントに戻ってきたらお昼ご飯。 今日のお昼は「うどん」。 (前回に続き、今回もごはんの写真を1枚も撮っていませんでした・・・)
その後、再度場内を散策。
テントサイトの上にはスポーツ広場、レストランがあるようなので、行ってみることに。 CIMG7695.jpg
スポーツ広場の奥に広がる雪山も綺麗でした。
ここは、レストランそばにあるハーブ園ですが、雪解け直後のため何もありません(笑)。
ちなみに隣はパターゴルフ場です。
CIMG7705.jpg
テントに戻って薪集め。
焚きつけ用の唐松の枝と、少し太めの枝を拾い集めました。
太めの枝は乾燥があまいので、火の付きはあまり良くなかったですが、今回購入した薪を使わなくても良いくらい十分役割をはたしました。
余った薪は次回のキャンプ用に持ち帰りました。
IMGP5588.jpg IMGP5589.jpg

天気が良かったので夕日も綺麗でした。
IMGP5638.jpg

夕日が反射した山は雪が残っているのでピンク色に。
IMGP5631.jpg

2日目の晩ご飯は、我が家のキャンプ定番の「鍋」でした。

<3日目>

今日は6時に起床! のんびりとしていると、関越道の渋滞に巻き込まれることが予測されたので、早く出発するために早起きしました。
昨日スーパーで購入したパンで朝食を済ませ、一気に撤収。
8時半には撤収が完了し、キャンプ場を後に。

渋滞に巻き込まれることなく11時前には練馬インターに到着しました。
非常に順調で、「早起きした甲斐があったなぁ」としみじみ実感をしていたのも束の間、環8の渋滞に巻き込まれました。
空いていれば1時間もかからない自宅までの道のりなのに、2時間以上かかりました・・・。
関越方面のキャンプはしばらくやめようかな・・・。

今回訪れたキャンプ場

宝台樹キャンプ場
・フリーサイト(入村料:大人1人400円、子供1人200円、持ち込みテント:700円、タープ700円)
・自然保護・緑化推進協力金:大人1人100円、子供1人50円
・トイレ:水洗(和式)掃除はされていますが、神経質な人はちょっと気になるかも。(ユニバーサルトイレの洋式もあり)
・コインシャワーあり(ロッジのお風呂もあります(有料))
・直火 NG(備え付けの焚き火台あり)
・薪:500円

-キャンプ, キャンプレポート
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

西伊豆オートキャンプ場

西伊豆オートキャンプ場2 1日目

ファミキャンは3カ月ぶり! お盆明けの翌週、3カ月ぶりのファミキャンに行ってきました。 ソロキャンと言うか、ソロコラボキャンプは6月に2回あったので、キャンプ自体は約2カ月ぶりになります。 当初、今回 …

焚き火の箱G-Special

椿荘オートキャンプ場6

久しぶりの訪問でした 椿荘オートキャンプ場に前回行ったのは2018年10月なので、約1年4カ月ぶりとなってしまいました。 椿荘オートキャンプ場5 私は息子と12月にグルキャンへ行っていますが、家族で行 …

モビリティパーク

伊豆でキャンプ 今シーズンは2連続で千葉キャンプに行っているので、気になっていた伊豆のキャンプ場「モビリティパーク」に行ってきました。 子供向けのアクティビティが充実しているキャンプ場です。 夏場や連 …

キャンプのこだわり1「木炭」

キャンピングフィールド 木炭 私が愛用しているアイテムを不定期で紹介したいと思います。 記念すべき1回目は「木炭」です。 意外と木炭なんてなんでもいいアイテムの代表格かもしれないですが、なぜか木炭だけ …

西伊豆オートキャンプ場

初の伊豆キャンプ! 11月の3連休、初の伊豆キャンプに行ってきました。 訪れたのは西伊豆オートキャンプ場。 結構広いキャンプ場だったようなんですが、2年前に土砂災害に遭い、大きな損害を受けてしまったた …

follow us in feedly
にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ